Q&A

小学生・中学生に共通

長期休みに講習会はありますか?

春期講習・夏期講習・冬期講習があります。
※小4のグループ授業は実施無し。

【グループ授業】
普段の授業と関連性があるため、原則皆様にご参加をお願いしています。
小学生は平日の日中、中学生は土日の夜に行う場合が多いです。

【個別授業】
希望制です。希望回数のお申し込みを頂き担当講師と日時を調整します。

過去問題はどれくらいやりますか?

【グループ授業】
東京校と関西校をあわせて最低10年分こなすことを目標にしています。

【個別授業】や【グループ授業+個別授業】
生徒さんの状況を見極めながら2倍以上の量も可能です。

入塾までの流れを教えて下さい。
  • まずは「無料体験授業」にお申し込みください。
  • 授業で使用するソフトのインストールをお電話で説明しながら行います。
  • 体験授業を行います。
  • 入塾されるかご検討ください。

小学生

宿題は多いですか?

一般的な受験塾にくらべて少ないです。
学園の出題範囲が基礎問題のため宿題も適量です。

他塾でうまくいかなかったので心配です。

学習内容が難しすぎた、宿題が多すぎたという生徒さんには当塾のスタイルはおすすめです。
当塾では必要のない難易度の問題は扱わずに、最短距離で合格を目指します。

入塾の時期が遅くなってしまいましたが大丈夫ですか?

一般的な受験にくらべると準備期間が短くても間に合わせることができます。
6年生以降に受験勉強をスタートして合格を勝ち取る生徒さんもいます。
学力状況の確認のため1度お話をさせてください。

中学の説明会で「小学校の教科書から出題される」と説明がありましたが、それだけで足りますか?

算数の特殊算と理科の計算問題は教科書内容を超えています。
それ以外についても「小学校の教科書から出題される」と「小学校のテストから出題される」では意味が異なります。
とはいえ、一般的な私立中学受験にくらべて基礎的な問題がかなり多いため、受験対策がしやすく生徒さんの負担は少ないです。

中学生

学園の偏差値が高いですが上位にいないと合格できませんか?

偏差値を調べると68~70と高いためびっくりされる方もいらっしゃいます。
実際に以前は合格のためには偏差値60台中盤以上が必要でした。
しかし、近年倍率が減少する中で必要な偏差値も下がってきています。
当塾で学園対策をした生徒さんは偏差値50台の方でも多く合格されています。
また、不登校の方も合格を勝ち取っています。学園の温かい環境を望む生徒さんにとっては心強い事実といえます。

中1や中2はどのような授業内容ですか?

中1と中2は学校の定期テスト対策を中心に行います。
推薦試験の受験に必要な内申38点以上を目標にします。

オール4で 4(点)×9(教科)=36(点) ですから、オール4をベースに5が2つ以上を目指します。
その上で状況を見ながら学園受験のために早めの取り組みをします。

推薦入試の筆記試験や面接について教えて下さい。

推薦入試の試験問題は公表されていませんが、過去の受験生からシェアされた情報はお伝えしています。
また、面接等については推薦入試においても長年積み重ねた豊富な資料があり、それをもとに合格に向けた最後のひと押しをします。